Ubuntuサーバ日本向け環境の初期設定 - ロケールとタイムゾーン

Written by @dr_taka_n at 2011/06/04 23:40 [, , ]

Ubuntu だけに限った話ではないが、海外の IaaS サービス(EC2など)や仮想専用サーバ(VPS)を使う際に、ロケールやタイムゾーンを日本向けの環境に変更しておく必要がある場合がある。

ここではその簡単な手順をメモしておく。

環境は、Ubuntu 10.04 LTS Server (厳密には、TurnKey Linux)。

ロケールの変更

まずはロケール。以下の状況となっている。

# locale
LANG=en_GB
LC_CTYPE="C"
LC_NUMERIC="C"
LC_TIME="C"
LC_COLLATE="C"
LC_MONETARY="C"
LC_MESSAGES="C"
LC_PAPER="C"
LC_NAME="C"
LC_ADDRESS="C"
LC_TELEPHONE="C"
LC_MEASUREMENT="C"
LC_IDENTIFICATION="C"
LC_ALL=C
# cat /etc/default/locale
LANG=en_GB

日本語の Language support package をインストールし、ロケールをアップデートする。

# apt-get install language-support-ja
...(インストールログは省略)...
# dpkg-reconfigure locales
Generating locales...
  en_GB.ISO-8859-1... done
  ja_JP.UTF-8... up-to-date
Generation complete.
# update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

上記の作業で基本 OK。

# cat /etc/default/locale
LANG=ja_JP.UTF-8

/etc/default/locale も変更されている。ただ、これだけでは、LC_xxx 系の環境変数までは変わらない。

/etc/default/localeLC_ALL=ja_JP.UTF-8 も追加しておく。

# echo "LC_ALL=ja_JP.UTF-8" >> /etc/default/locale
# cat /etc/default/locale
LANG=ja_JP.UTF-8
LC_ALL=ja_JP.UTF-8

ここで一旦 reboot をかけておく。

# shutdown -r now

確認する。

# locale
LANG=ja_JP.UTF-8
LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"
LC_NUMERIC="ja_JP.UTF-8"
LC_TIME="ja_JP.UTF-8"
LC_COLLATE="ja_JP.UTF-8"
LC_MONETARY="ja_JP.UTF-8"
LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"
LC_PAPER="ja_JP.UTF-8"
LC_NAME="ja_JP.UTF-8"
LC_ADDRESS="ja_JP.UTF-8"
LC_TELEPHONE="ja_JP.UTF-8"
LC_MEASUREMENT="ja_JP.UTF-8"
LC_IDENTIFICATION="ja_JP.UTF-8"
LC_ALL=ja_JP.UTF-8

OK だ。

タイムゾーンの変更

次にタイムゾーン。以下の状況となっている。

# date
2011年  6月  4日 土曜日 14:20:49 UTC

GUI で変える方法もあるが、以下でやってしまう。

# mv /etc/localtime{,.org}
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

確認する。

# date
2011年  6月  4日 土曜日 23:22:10 JST

OK だ。

blog comments powered by Disqus